ミツバチが人を刺すと死んでしまうって本当?その生態は?

2017-03-30 蜂について
 

今回はミツバチについて書きたいと思います。




攻撃性も低く駆除依頼も少ないミツバチ

スズメバチ、アシナガバチに比べてミツバチの駆除依頼は圧倒的に少ないです。


ミツバチは攻撃性も低く、毒性も低いです。

巣の近くを通っても、基本的には人を襲ってきません。


しかし、人間側から攻撃しようとするといくらミツバチといえども刺してきます!


人を刺した後は死んでしまう

ミツバチの1番の特徴といえば

刺した後は死んでしまうということが挙げられるでしょう。


これは針と産卵管が繋がっているためです。


ミツバチの針は抜けにくい構造になっているため

一度針を刺すとミツバチはその場を離れる際に

産卵管が体から取れてしまい、死んでしまいます。



世の中には沢山の種類の蜂がいますが

一度刺すと死んでしまうのは世界中にミツバチだけです。



巣や女王蜂を守るために、まさに命がけの行動をするわけですね。


人間にはわかりにくい利他的行動

ミツバチやアリなどの社会は真社会性などと言われます。


自分の子を残さない不妊階級があるのが特徴です。


働きバチは全てメスですが、生まれてきたメスの中から

ローヤルゼリーをもらった幼虫だけが女王蜂に成長します。



自分の姉妹が女王蜂になって卵を産んでくれることで

よりよく遺伝子を残そうという戦略なのです。



利他的とはいっても女王蜂を助け、結局は自分の遺伝子も生き残るというわけですね。


私たちの生活に関わる蜂

また、ミツバチは蜂蜜を始め、プロポリス、ローヤルゼリーなどの

健康食品が私達の生活に密接に関わっていることも特徴の1つといえるでしょう。



私も昔、くまのプーさんがおいしそうに蜂蜜を食べているのを見て

蜂蜜にハマっていた時期もありました。



蜂の世界はまだまだわからないことも多いですが、自然の神秘を感じますね。

あなたの家や付近で蜂の巣を見つけたら、ご自分で絶対に駆除しないで専門家におまかせください。 最短30分でお伺いします。 下記番号にすぐにお電話ください。 お問合わせは下記のフォームでも賜ります。

お問合せお待ちしています

お問い合わせフォーム

以下のフォームにお問い合わせ内容をご入力ください。
は必須事項です。

お名前
E-Mail
TEL
郵便番号
住所
お問合せ

 



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ